忍者ブログ
犬と猫と母ちゃんの恥のかき捨て劇場。
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カウンター。
    クリック募金。
    クリックするだけの募金です。
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    6日夜、ケンタが虹の橋を渡りました。

    4日までは外に出せば雷文を追い掛ける位元気だったのですが、5日朝から急に弱りだし、自力でゴハンが食べられなくなりました。ふやかしたゴハンとバイトを混ぜて強制的に口の中に流し込んでいたのですが、6日朝には口を開ける事もしなくなり、無理矢理口の端から流し込んでいました。
    本当は仕事休んで傍にいたかったのですが、どうしても休めなくて急いで仕事を終わらせて帰って来たのですが最後を看取る事は出来ませんでした。

    ケンサンは元々、友人が飼い始めたのをアレルギーで飼えなくなってしまい譲り受けたわけですが、ケンサンがいなかったら我が家の動物王国は無かったデス。
    ケンサンの嫁にときなこが来て、その後雷文が来て、真綾を拾って・・・。昔から動物を飼いたいと云い続け、家族に反対され続けていたのですが、ケンサンの切っ掛けがあったからこその動物王国。決していい飼い主では無かったし足りない所は沢山ありました。でもこんなダメ飼い主の元でこんなに長い時をすごしてくれてホントにありがとうございました。今までご苦労様デシタ。そっちにはきなこがいるから寂しくないね。
    一緒にすごす機会をくれた友人にも感謝です。ありがとう。


    7歳10ヶ月6日でした。

    でも正直まだ心の準備が出来ていなかったのでかなり落ち込んでます。きなこの時は長い闘病生活の中で心の準備が出来たのですが・・・こんなにもいきなり来るとは考えていなかったです。動物と一緒に生活すると云うのはこういう事だと頭では理解していたケド・・・。でも雷文と真綾がいてくれて良かったです。母ちゃん泣いてても慰めもしてくれない薄情な息子だけどね〜。



    にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
    ぽちっとな
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ケンサン、安らかに
    まだまだ元気、というような記事を拝見して
    私もケンサンを応援します!とコメントをしたばかりだったので、とっても驚きショックで、悲しいです。。

    でもよく頑張ったよね。
    7歳なんてすごいよ!
    母ちゃんさんの愛情の賜物だと思います。
    「頑固なじいさん」と書かれた記事から
    ケンサンは母ちゃんさんにすご~く大切にされているんだな!愛されてるな!と、読むたびに感じていました。

    きっと感謝しながら虹の橋を渡っていっただろうな。
    みんなのことをこれから守ってくれると思います。

    ケンサンお疲れ様でした。
    母ちゃんさん、しばらく寂しいかも知れないけれど
    雷文さんや真綾さんの存在が癒してくれますね。
    皆さんに沢山幸せが訪れますように・・・。
    コイズミトマトさん / 2008/03/07(Fri) / URL
    お返事。
    ホントに突然で私も驚きました。
    いつの間にかいる事が当たり前で、いつの間にか歳を取って。
    その時間の早さを分かっていたのに気が付く事が出来なかったデス。

    これからはその短い時間を大切に雷文、真綾と一緒にケンタ、きなこの分まで楽しく、少しでも長く一緒にいられる様に頑張るしかないと思ってます。

    ホントに応援ありがとうございました。
    母ちゃん。さん / 2008/03/09(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ケンサンとお別れ。 HOME ケンサン近況それから。
    Copyright © 扶養家族ブログ。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]