忍者ブログ
犬と猫と母ちゃんの恥のかき捨て劇場。
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カウンター。
    クリック募金。
    クリックするだけの募金です。
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    イリュージョニスト観て来マシタ。




    結構前からタイトルとストーリーは知ってたケド、まず観に行く事はないだろうな〜と思ってた映画だったり。
    でもCM観て、ど〜しても観たくなって行って来たデスヨ。

    ホントにセリフの少ない映画デシタ。そして説明一切無し。
    言葉の通じないアリスがどうして着いて来たのか。とか。手品師はどうしてソレを受け入れたのか。とか。
    あらすじをCMやらで説明してるから観てて理解出来るけど知らなかったら????だったと。何かに似てるな〜と思ったらスカイクロラの時と似てる・・・。

    手品師を魔法使いと信じてる割には結構即物的におねだりするアリス。ソレに答えようとする手品師の健気な事・・・慣れないバイトに精出す手品師が哀れ。
    大事な人形と最後の晩餐して人形を売って酒に溺れる腹話術師の存在が手品師の悲しさの代弁。









    わたしを離さないでも観て来マシタ。



    予告でなんとなくストーリーを想像出来たケド、かなりグサっと来た映画。

    ただ只管淡々と描かれて、クライマックスのトミーの絶叫でうっかりポロリしてしまた。
    直接的な言葉を使わずに終了(complete)と云うのが悲しい。
    ルースの死に顔が怖い。



    ところで後から考えてみた事。
    ルースがキャシーとトミーにマダムの住所を教えたのは本人は詫びだと云ったけど、間違いなく先に終了する自分がずっと同じ想いを持ち続けて来た二人への逆恨み的なモノだったら怖いな〜とか思っちゃたヨ。
    そしてトミーは純粋に信じてしまったけど、キャシーはなんとなく分かってたんじゃないかな。と。ただトミーと一緒に一時の夢を見たかった的な。


    この映画、子役と成長後がホントそっくり。トミーの小さい頃が・・・・メチャカワユス。







    同盟バナーうさぎ中動



    1 Click Animalsへ

    1クリックの無料募金です。

    にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
    にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ
    にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
    ランキングはこちらをクリック!
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ハマった。 HOME 久々ダッシュ。
    Copyright © 扶養家族ブログ。 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]